ウボンの暮らし

タイ国鉄、寝台列車の旅、ウボン⇆バンコク。

ウボンラーチャターニー鉄道駅ウボンラーチャターニー鉄道駅
ウボンラーチャターニー鉄道駅ウボンラーチャターニー鉄道駅

タイの国鉄、寝台列車でバンコクの日本大使館へ。

地方に住んでるので大使館に行くのも一苦労、列車は片道12時間、夜乗車して寝たら朝到着、ウボン→バンコクの行きは予想以上にエアコン寒くて全く寝れなかった。

帰りは帰りであまり涼しくなく、車内で買ったカオニャオムートーを食べた後に胃痛が来て1時間ほど苦しんだ末ようやく爆睡。

日本でも昔は寝台列車あった気がするけど乗車経験はなく、今回タイで初の寝台列車。旅好きの人は好きそうだよね。

通路の様子通路の様子
ベッドの様子ベッドの様子
ベッドの様子ベッドの様子

行きは既に椅子からベッドに準備されてたからすぐ横になれたんだけど、帰りはベッドになるまでだいぶ待って、疲れてたのでまだかまだかともがいてたよ。

車内に飲食販売しに来る人達は、普通の人達で、どっから来たの?って感じで突然現れるから不思議。

列車自体は超ボロだけど、ベッドシーツや枕カバーは綺麗なのでまぁ安心、トイレはちょっとびっくりするけど汚いわけではない。

もし乗るなら、下段が断然良いと思う。

上段は狭いというか、座った時に半分天井がカーブになってるから頭付くので体の大きい人には辛い、このちびの私でも狭って感じるから。ついでに窓がないので外も見れない。でも上段より100バーツほど安い。費用を抑えないといけない場合は上段でもいいんだけどね。

意外と行きも帰りもほぼ座席は埋まっていて、乗車率高いんだなぁって思った。バンコク⇆ウボン間は夜行バスでの移動しか経験なかったので、寝台列車を経験できて良かったかな。

次は飛行機を利用してみます。

寝台列車は座席埋まりやすいから数日前にWebで事前予約がおすすめです。