イサーン日記

干し柿のような味の果物、英語でサポラジ、タイ語で「ラムット(ละมุด)」。

ラムット(ละมุด)の外観ラムット(ละมุด)の外観
ラムット(ละมุด)の中身ラムット(ละมุด)の中身

人生で初めてびっくりするような果物に出会いました。これはすごく不思議で、なんと干し柿の味がする果物!!

初めて食べた時の衝撃はドリアン以上だったかも。

柿ではなく干し柿の味、だから不思議。

初めて食べる果物、いつもどうやって食べれる?と悩むけど、これは半分に切るか割って、いちじくを食べるようにほおばります。

中に細長く黒い種が入ってます。

何度食べても不思議で、びっくりした果物上位3位に入ったと思う。

この果物の原産地はメキシコで、植民地を広げたスペイン人がフィリピンに持ち込み、その後、東南アジア全域にひろまったとのこと。

別名チューインガムの木、この樹液からチューインガムの原材料のチクルを採取したとのこと。

さらにはメキシコ柿とも呼ばれているとのことです。

タンニンを多く含んでるんだって。

甘いからそんなたくさん食べられないけど、今の時期一番よく見かける果物です。