妊娠・出産

【初めての妊婦検診】タイ東北部ウボンで妊娠しました。エコーで赤ちゃんの心拍確認、現在6週目。

タイ人の夫と結婚してウボンで生活を初めて間もないのですが、妊娠しました。

妊娠したかも、と気づいたのは3月の生理が予定日を過ぎても来なかったことと、通常の生理前とは違う下腹部、子宮辺りのキューっとなる痛みがあったので、もしかして…と思ったのです。

生理予定日から2週間経過、妊娠検査薬で陽性反応

タイの妊娠検査薬妊娠検査薬

3月8日頃に来る生理は1週間経っても来ず、これは本気で怪しいと日に日に体調を気にしながら2週間経っても生理が来なかったので、たぶん妊娠してると確信し、夫に妊娠検査薬を買ってきてもらい、翌朝朝市で尿チェック。

やっぱり陽性、違うタイプの検査薬2本試したけどどっちも陽性反応がくっきりと出ました。

マジで妊娠したのか!と、私は若くないし、すぐに妊娠するとは正直思っていなかったのでちょっと驚きました。

このタイの地方の田舎のウボンで妊娠した場合、一体どこに行けばいいの??

ありがたいことに、ウボンに唯一知り合いでいらっしゃるご主人が日本人のタイ人の奥さん、私の母親くらいの年齢だけど、その方に早速相談。

色々調べてもらったところ、病院ではなくクリニックが良いとのこと。

早速調べてもらったクリニックに初めて妊婦検診に行ってきました。

ウボンのクリニックではじめての妊婦検診

紹介してもらったクリニックは、土曜日の午前中9:00~12:00までしかやっていないようで、土曜日のオープン時間前に一番乗りで行ってきました。

外観は、ここが妊婦さんのクリニック?っていうようなとこ。(写真撮り忘れました)

中は受付と椅子があり、超シンプル。ほんとにここ妊婦さん来るところ?って感じできょどきょどしながら待ってたよ。

私はタイ語がほとんどできないため、知り合いのタイ人の奥さん(ちょっと日本語出来る)についてきてもらい、というか連れて行ってもらい、通訳してもらいながら診察を受けました。

受付時に”なにじん”か確認され、パスポートを提出し、簡単なカルテに名前と住所と電話番号を書いてもらいました。(全部お任せ)

先生が来るまで待っている間、数名の女性がきました。

1人は初めて検診に来た女性、もう一人はもう生まれそうな女性、この女性を見てようやくここは産婦人科クリニックであることが確信できました。

受付の方にその後、今の身体の状況と最後に生理が来た日を聞かれました。

ようやく先生が来て、私の名前が呼ばれました。中華系の女医さんでした。

英語が喋れるようで、私も簡単な英語ならできるのでなんとか会話できました。

最終生理日をお伝えし、日数を見てもらうと、おそらく6週目だとのこと。

体調、出血の有無等を聞かれ、ベッドに横になって数か所お腹を軽く押され、痛みはないか確認されました。

私はこの時点で出血は1度もなく、下腹部が時々キューっと痛くなる、それだけでした。あいててて・・・という感じ。

このクリニックでの診察はこれで終わり、尿検査とレントゲン(エコー)は別のところで行うらしく、案内されました。

クリニックからは、サプリみたいなのを3種類出してもらいました。

ウボンコンピューターX線センターにて、エコーで赤ちゃんの心拍確認

その別の場所とは、クリニックから少し離れたところで車で移動、案内された地図の場所へ行くと、え!ここ??って感じのところだった。(写真撮り忘れました)

ここはレントゲン専門みたいな感じだと思う。

患者さんが複数名待っていて、妊婦のみならず、いろんなレントゲン検査ができるようです。

ここでもパスポートを提出し、名前と連絡先を記入、呼ばれるまで待ちます。

奥の通路へ移動し、部屋の前まで来ましたが、いまだここでエコー検査をするなんて想像もできないような場所でかなり戸惑ってしまった。

ついに私の番、小部屋に入ると白髪のおじちゃん先生がいた。英語が堪能で英語で会話してくださった。

はい、ベッドに横になって、お腹を出して。

モニターを見ててね、と言われてお腹にジェルを塗られ、え~早速見えたよ~。

私のお腹に小さな袋が出来ていて、その中に豆粒みたいな赤ちゃんがいた、しかも心拍も確認出来て、本当に妊娠してた!!

色んな範囲と角度からチェックしてくださり、ノーマル、ノーマル、ノーマル、コンゴラジュレイション!グッドニュース!と先生。

まだ性別はわからないよー、だって。

エコー写真(6週目)エコー写真(約6週目)

赤ちゃんの大きさはこの時2mmで、出産予定日まで出してもらえた。11月21日だと。

特に問題はないみたいだけど、子宮筋腫があった。若いときにあるって言われたのがやっぱりまだ変わらずあったようで、でも今は問題ないといわれた。

とりあえず、本当に妊娠していてお腹の状態は問題ないことがわかったので一安心。

エコー写真もいただいて、帰宅してほっと一息したころ。

写真を見るとお腹に赤ちゃんがいるんだって、すごく感慨深く感じてしまった。

早速母親と家族に報告しました。

次回は2週間後、クリニックへ2回目の検診に行く予定です。2回目はどんな検診があるかわかりません。

尿検査や血液検査は前回なかったので、もしかしたらどちらかあるのかな??

とりあえず、え!ここ?っていうようなクリニックとレントゲンだったけど、どっちの先生もめちゃくちゃ早くて的確、あれはプロフェッショナルだと思いました。

病院よりクリニックの方が良い、と言われた理由の一つに、クリニックの方がプロフェッショナルがいるんだとか・・・。

病院に行くと時間もお金もかかるらしいです。

現地の人に聞くのが一番だと、タイ語もできず何もわからない私を周りの人が助けてくれて、とりあえず感謝。

初回妊婦検診費用とエコー費用

タイ語ももっと勉強して早くタイで自立しないとと、改めて感じた日でもありました。

検診とエコーは午前中であっさりと終了し、この日支払った費用は下記。

クリニックでの診察とサプリ代 680バーツ
超音波(エコー)検査代 800バーツ
合計 1,480バーツ

1回目の妊婦検診では、合計1,480バーツでした。

 

今回付き添って通訳して一緒に来てくださったタイ人の女性はウボンで4人子供を産んでおり、出産費用は3000バーツくらいだと言っていた。(安くない?)

今日の検診はけっこう高かったね、と言われていたので、そうなのか!と、初回だからかな、なんて話しながら後にしました。

 

私がネットで検索した時、タイで妊婦になった場合の情報はほぼバンコクの駐在妻の方々の情報で、日本と同じくらい費用してるじゃんと見てたんだけど、私の場合は駐在でないし、夫はタイ人だし、普通の給料だし、そんな私立病院には到底行けないなと思ってしまいました。

タイに嫁いだタイ人の妻である場合、やはり地元の人に聞いて地元の人が行くクリニックか病院が適切なんだという事も学びました。

地方とかちょっと大丈夫かな?って思いますが、行ってみて全く問題なく、安心して身を任せられるなと感じました。

ただ、緊急時の場合はどこに誰にいつ連絡したらいいの!?ってまだよくわからないけど、とりあえず日々安静して安定期まではゆっくり過ごしたいと思います。