ウボンの暮らし

ウボンで4ヶ月ほど生活した最初のアパート【家賃3,500バーツ】

私達が結婚して、ウボンで最初に住んだアパートがこちら、ウボンのワーリンチャムラップにある、プアンチョンプーハウス。

外観外観
外観外観
部屋の中部屋の中

1ヶ月の家賃は3,500バーツ、光熱費入れて毎月5,000バーツ以内(4900バーツくらい)でした。

(後々ウボン在住者に聞けば、この部屋の広さだと高い、と判断されました)

私達は1階で、洗面場は室内という形で覆われていましたが、2階以上は洗面場はベランダのように外になっています。

ワンルームに、ベッド、テレビ、冷蔵庫、衣服タンス、ドレッサーの家具付き。洗面場にテーブルと椅子のセットがありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haruna(@haruuna1028)がシェアした投稿

エアコンも完備で家具が揃っているので住みやすかったです。

ただ、キッチンはなかったので、炊飯器、ポット、IHコンロなどを揃えて簡単に自炊して生活していました。

温水シャワーも出ましたし、WiFiもあるので今思えばまぁまぁよかった。

そして、一度も利用しなかったけど、ジムもひっそりとあります。

洗濯は、隣のオーナー所有のコンビニの前に洗濯機が数台あって使えます。

短期宿泊も可能で、1泊350バーツ。

色々揃っていて良かったけど、全体の評価としては、ちょっと古めかしいかんじあって、あまり綺麗ではなかったことと、夜ジムでワイワイ時々うるさいと感じる事がよくありました。

オーナーがジムのトレーナーらしい。オーナーのご家族は良い方々でした。

ワーリンチャムラップは、ウボンの市街地からメコン川を挟んで下の方にある街です。

市街地ほどでは無いですが、店やレストランは充実していたと思います。

鉄道駅もワーリンチャムラップにあるので便利でした。(1度しか利用していないけど、徒歩10分)

このアパートのすぐ目の前に、口コミの良いガーデンホテルがあります。

もし、ウボンに遊びに来てみようかなぁという方は、ガーデンホテルに宿泊とかいいんじゃないでしょうか。

宿泊安くするならこのアパート??(あまり綺麗ではないけど)

おすすめのクイジャップ屋さんハーブサウナへ徒歩で行けますよ。

という事で、私達が住んだ、ウボンで最初のアパートの紹介でした。

引っ越しの様子引っ越しの様子