日記

私が見つけた「微笑みの国タイランド」

タイと言えば、微笑みの国。何が微笑みなのかって、暮らしていくことで徐々に出てくる確かな微笑み。私が一番最初に見つけた微笑みの国タイランドはこちらです。

夫の故郷「ナワ村」にて夫の故郷「ナワ村」にて

タイは、人も動物も休むことがとっても上手。あらゆる所で、犬が死んでるかのように寝ているのをよく見かけます。日本の犬とはちょっとどころか同じ動物とは思えないほどの態度です。そう発言すると、「タイは暑いこの気候だから自然とそうなるんですよ」「こうやって休まないとこの暑さでは耐えられないんです」と必ず返されます。

そもそも力の抜き方がとっても上手だなぁと私はいつも思います。タイに来た当初、さぁハンモックで休みなさい、と言われた時、私は周りの目が気になって、体の力も抜けなくて、気にせず休むということができませんでした。日本人は、特別身体の力を抜くことが下手だと思います。そして、常に周りが気になります。もちろん全ての人に当てはまるわけではありませんが、圧倒的にそういう人が多いと思ってます。

落ち着いて、何も考えずに休むことさえ当初はできなかった私。犬までこんな風に堂々と寝てる様子を見て、微笑みどころか大爆笑でした。

多分ですが、犬に対してもいちいちどうこう言わなくて、気にしないタイ人の性質から犬までもこうやって堂々と気にせず生きているのではないかと思います。

私はタイに来て、人からも動物からも、上手な休み方を教わったなぁとつくづく思います。疲れて力んでいる時には、この写真を見返すようにしています。こんなに気持ちよさそうに寝れるって、私から見るとほんとに羨ましすぎて、微笑むことしかできません。これこそ、微笑みの国タイランドだと思います。

みなさんはどんな「微笑みの国タイランド」を見つけましたか?