タイのお菓子 - レシピ

【タイ人に習った】スパイシーでヘルシーな「カノムティアン / ขนมเทียน」の作り方

スリンのサノムでタイ人宅にホームステイしてた時に教わった、タイのお菓子「カノムティアン」の作り方を下記にまとめました。

カノムティアンとは、黄豆ベースの餡を甘く、又は塩っぱくペースト状にしたものが米粉で包まれた、まるでお餅のようなものがバナナの葉、又はパンダンリーフでで包まれたお菓子のこと。三角形の形がろうそくに似ていることから「ろうそく菓子」と名付けられました。

教えてくれたのは、3人の子どもを持つタイ人お母さん。母親が子供のころから料理やお菓子を家庭でよく作っていて、母親から習ったそうです。その作り方を伝授していただきました。

使用する材料や味付けによっていろんなバリエーションがあるそうですが、今回は、スパイシーでちょっとしょっぱい感じのカノムティアンです。米粉で包まれているのでとてもヘルシー、小腹がすいた時にちょうど良いお菓子だと思いました。

カノムティアンは、お寺のお供えとしてもよく作られているそうです。

材料

  • 黄豆
  • 白胡椒
  • ニンニク
  • 砂糖
  • 米粉
  • バナナの葉 or パンダンリーフ

作り方

  1. 黄豆を蒸す
  2. 白胡椒とニンニクをすり潰す
  3. 油を強いたフライパンで2を軽く炒めて、1を加えて混ぜ合わせ、塩と砂糖で味を調節する
  4. 米粉に塩を少々と水を加えてこねる
  5. 4を手のひらほどに平たく伸ばして、3の餡を包む
  6. 5をバナナの葉で三角形になるように包む
  7. 蒸す

写真と解説

バナナの葉バナナの葉
バナナの葉バナナの葉

バナナの葉は木からカットした直後は葉が硬く、折ったり曲げたりすると割けやすいため、太陽の陽にしばらく当てるか、直接火で軽くあぶると柔らかくなって包みやすくなる。葉の表面は軽くふき取るなどして綺麗にしておく。折り紙くらいの大きさにカットした後、4つ角をカーブに切り落とす。

白胡椒とニンニク白胡椒とニンニク
白胡椒とニンニク白胡椒とニンニク

すり潰した白胡椒とニンニクを油を強いたフライパンで軽く炒める。スパイシーでものすごく良い香りがしてくる。

ペーストになる餡作りペーストになる餡作り

蒸した黄豆を加えて混ぜ合わせる。餡の味付けは、塩や砂糖でお好みに仕上げる。

米粉の生地作り米粉の生地作り
米粉に餡を包む米粉に餡を包む

米粉の生地を手のひらで平らに伸ばし、餡を包む。大きさの目安は、櫛団子くらいの大きさ。

バナナの葉で三角形に包むバナナの葉で三角形に包む

菓子が葉にくっつかないように、バナナの葉に油を薄く伸ばして包むのがコツ。包み方は、下記の動画を参照してください。

習ったものとほぼ同じですが、中葉を使わず1枚の葉で巻きました。

蒸し器で蒸す蒸し器で蒸す

蒸し器で約20分~30分程度、蒸します。量によって時間が異なってくると思うので、あくまで目安。