日記

意外とシンプル、異国での食事の克服法。

イサーン夫と結婚生活を初めてから、100%タイ人に囲まれて現地の人と同じ食事をしてきました。

私が最初に苦手だと感じたのは、タイ料理はどれも甘すぎるか辛すぎる事で、特にタイスイーツ全般は甘すぎて気持ち悪く、ほぼ全て無理でした。ココナッツと白玉のデザートの中に、卵焼きが入ったものなんて、理解不能でしたし。特にイサーン料理は火が噴き出るほど辛くて、狂ってると思うこともしばしば。しかも、臭くてドブのような色をしたものが多く、得体が知れないものも多いです。

イサーンのローカルレストランイサーンのローカルレストラン

面白いと思うのは、タイでは野菜をサラダとして食べず、そのままバリバリ食べます。そこにはツケダレが重要で、こだわって手作りすることもよくあるタイ人の日常の一コマです。なので、いちいちサラダを作らなくて済むのが楽だなって思います。

中でもイサーン夫の好物はキノコスープで、作るのも得意です。故郷の村ではキノコにハーブに野菜すべて、その辺で収穫して摘んで作れるので、おそらく子どもの頃から毎日のように食べていたのではないかと思います。というのも、キノコスープを食べてる時が一番嬉しそうだからです。

夫の実家から届いたキノコで夫が作ったキノコースープ夫の実家から届いたキノコで夫が作ったキノコースープ

そんな夫の為に以前日本食を作ったことがありますが、私が夫の故郷の村で出された虫料理に抵抗があるのと同様に、私の作った料理に抵抗を感じたのか、手をつけてくれないという悲しい現実を何度も乗り越えて、もうきっぱりと、タイでの調理はタイ人に任せることにしています。

お陰様で、出てくる料理を食べないと生きていけないので、どれも気付けば美味しく食べれるようになっていました。タイスイーツでさえ最近では普通に食べているから驚きですね。これこそ異国でのシンプルな食事の克服方法だと思います。