タイ移住・渡航準備

【タイ格安SIM】FINNモバイル(旧ラインモバイル)を契約してみました!【申し込み手順と設定方法】

これからタイで長期滞在していくために、どのSIMを契約するか迷いました。

いくつか調べた結果、FINNモバイル(旧ラインモバイル)が安くてサービスもよさそうだったので、これに決めました!

日本在住時に、LINEモバイルを使っていたことがありますが、困ることなくとても使いやすかったので、親しみを感じたからでもあります。

ちなみに現在は、タイ渡航前に、楽天モバイルのeSIMに切り替えてきました。なので、日本の電話番号も維持した状態でタイのFINNモバイルSIMを使うことが出来そうです。これはとってもよさそう!と思い、早速挑戦。

今回は、隔離入国だったため、この隔離期間にFINNモバイルのSIMカードを申し込み、ホテル滞在中になんとか登録して使える状態にできました。

実際、外で使用していないため、通信状況や使用感などはまだお伝え出来ませんが、今回は、申し込み手順と設定方法について振り返ります。

今後、FINNモバイルを利用したいという方のために参考になれば幸いです。

【FINNモバイルの特徴】

・タイに長期滞在する人
・ワークパーミットを持っていない、タイ長期滞在者

SIMカードを申し込む

ますは、FINNモバイル公式ページを開きます。

FINNモバイルの公式ページ >>https://finnmobile.io/en

※言語選択(タイか英語)が選択できます。

1,パッケージを選択する


現在出ている内容は、3種類でした。私は一番下の3Gを選択しました。日本で使用していた時も、3Gのプランでいつも余っている人でしたので、まずはこれでしばらく様子見です。

2,電話番号を選ぶ

タイで新しく電話番号を作るので、New Numberを選択します。その下に、ハートなどのマークがあります。これは運勢で選ぶ?みたいなものだと思います。適当に、ハートと健康をクリックして、下に出ている番号で好きなものを選択して、Buy Nowを押すと、ログイン画面が出てきますので、好きな方法でサインアップしてログインします。

ちなみに、番号引継ぎもできます。試していませんが、乗り換え料金がかかるようです。乗り換え方法も電話したり?が必要だといううわさでちょっとややこしそう・・・。

3,個人情報を入力する

名前、メール、性別、生年月日、国籍を入力。外国人が契約する場合、パスポートが必要になります。画面のように、パスポートと自分の顔を写メしたものと、パスポートのデータをアップロードします。

4,住所を入力する

ここで入力する住所は、SIMカードが届く住所にあたります。私はバンコクの隔離ホテルの住所を入力しました。

一番下に、電話番号入力項目があります。こちらは、以前使用していた番号ということらしいですが、自分の日本の電話番号を入力したら、なぜか無効となり、進めなかったので、タイにいる婚約者の番号をお借りして入力しました。タイにいる友人などにお願いしてもいいかと思います。

登録した番号に、SIMカードが郵送完了したらSMSが届くらしいです。

5,決済方法の選択

最後に、申し込みプランの確認と決済方法を選択し、決済します。(私はWISEデビッドカードで決済)これで申し込みは終わりです。

申し込みした翌日にはSIMカードが届きました!めちゃくちゃ早かったです。

FINNモバイルの設定方法(アクティベート作業)

※新番号を申し込んだ方は、購入日から30日以内にアクティベートする必要あり。

私は届いてすぐに設定しました。翌月から使いたい、という方は申し込みのタイミングなどを見計らうといいかもですね。

※この設定は、WiFiのある環境で行います。

1,8桁の英数字を入力する

SIMの箱というかケースにQRコードが付いているのでスマフォでこれを開きます。

ここからはなぜか英語に切り替えられず、タイ語となります。簡単ですので大丈夫!

QRコードの横にSIM ID8桁があるのでこの画面に8桁の英数字を入力します。

2,本人確認、顔認証する

この画面が出たら、緑のボタンを押して、写メを送信します。(私は2度目で次に進めました)

3,登録情報の確認

1,「決済方法を選択」という意味です。

クレジット決済をした方は一番上を選択します。

2,「生年月日を入力」という意味です。

月に関しては、タイ語からの選択でしたので、google翻訳で自分の誕生月を確認して入力しました。

3,「申し込み時に登録した電話番号を入力」という意味です。

私の場合、タイの婚約者の番号を借りたのでその番号を入力。

4,SIMを差し込んでアプリをDLする

次に、このような画面が出てきます。

SIMカードをスマフォに差し込んで、FINNモバイルのアプリをダウンロードします。

一度電源を切った状態でスマフォにSIMカードを差し込みます。

電源を付けて、FINNモバイルのアプリをDLします。

5,アプリ上での設定

アプリ上では、ダッシュボード画面で使用状況などが確認できるようです。

現在申し込んでるプラン内容、もし変更する際もこちらから可能なようです。

その下は、紹介料がもらえるサービスも。これはいいですね!友人がFINNに乗り換えたい、もしくは新規登録したい、という時はここから紹介したら紹介料がもらえるようです。

紹介コード:r3qg38

紹介者、登録者、共に割引もしくはサービスがあるらしい。これは時によって変わって来るようです。使えるか分かりませんが、私の紹介コード、よければどうぞ!

コントロール画面にて、データを使用していないときや、したくないときにFULL SPEEDをオフにしておくと節約できるらしい。

Out of Plan Charge Control というのは、利用制限らしい。知らないうちに利用料発生して高額請求が来ないように設定できます。自分で金額設定も可能でした。

以上、FINNモバイルの申し込み手順とアクティベート方法の振り返りでした。

FINNモバイルは、短期旅行者というより、長期滞在者向けのSIMです。長期滞在予定でも、SIMによってはワークパーミットが必要だったりするものもあるらしいですが、このFINNモバイルはパスポートとSIMが届く場所があれば誰でも申し込みが出来るという点も良いですね!

しかも、今回申し込んだプラン(5G)で1か月202バーツ(≒693円)という安さ。

今の私にぴったりな内容でした。

※プラン内容は、時期によって変わったり、時にはプロモーションもあるっぽいです。

実際に数か月使用してみて、また感想や気づき、使用感が出てきましたらお伝えしていきたいと思います。

★追記、

アクティベートして2日後くらいに、細長い封筒で申し込みプランの内容が記載された請求書が届きました。(ホテル隔離滞在中でよかったけど)、後日滞在住所が確定したら変更したほうがよさそうですね。